涼しくなってきたらスカウトマンがうじゃうじゃと

今日は表題に関して

ほんとこれなんですよ。
涼しくなったとたんにうじゃうじゃとゴキブリのように
人が出て来ますね。
女の子もさぞ迷惑していることだと思います。
自分自身、路上に立たなくなって随分月日が経ちますが、
代表して申し訳ございません。

自分が現役の時の事を考えると、
『うざいスカウトだったんだろうなー』と感じています。

条例もない時期だったのもあってかなりしつこかったですから。。。

行きも帰りも同じ女の子に声を掛けて『ウザい!!』と鞄でぶん殴られたり、
『キモい』って何度も言われたのがいい思い出です。
『本当にそんなに俺はキモいのだろうか?』と真剣に悩みました。笑

話は戻って、今でも歌舞伎町のスカウト通りを見ていると
しつこく、つきまとうスカウトマンはいますね。

夕方から19時辺りに関しては、
リスク的な面でスカウトマン自体は減りましたが、
その分終電間際や朝方に関しては昔より増えたんじゃねーのか?
って感じるくらいスカウトマンが多いです。

一点集中型というか、
ダラダラと長時間立つスカウトマンが減ったんだと思います。
昔より少しだけ頭のいいスカウトマンが増えたのかな?とも感じます。

今のスカウトマンと昔のスカウトマンの違いってなんだろう?
って考えた時に今の方が『スカウト』というモノを『仕事』として、
とらえて試行錯誤してスカウト活動をしている人が増えたんじゃないのかな?
と思います。
昔は立ってるだけで女の子から『仕事探して欲しいんだけどー!』
みたいなのが本当にあったんです。
もう随分前になりますが、、笑

話が少しそれましたが、スカウト業を仕事として捉えている人間が増えたという事は、
それだけいわゆる『デキるスカウト』が増えたという事になります。
その分『誰でも出来る仕事』になっちゃってるので、
『デキないスカウト』も大量発生しています。

女の子はスカウト選びというものが物凄く大切になってきています。
ここのブログは男向けに書いているので、
デキるスカウトマンの見分け方みたいなものは書くつもりはありませんが、
できるスカウトマンになれるように皆さん頑張ってくださいね。
日々勉強、日々精進です。
その辺はスカウトマンだろうが、サラリーマンだろうが変わりませんね。

PS
取材協力をした新宿スワンが大盛況でした。
また、映画に関わるようなお仕事ができたら嬉しいです。

メディアの方もお仕事くれたら嬉しいです。

新宿スワンをみてスカウトがやりたくなった人は下記まで連絡お願い致します。

あと、前回のブログに書いたネットスカウトに関してですが、
興味があれば下記に自分の連絡先を乗せているので、
気軽にご連絡お願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在私どものチームでは、スカウトマンを募集しています。
少しでも興味があれば、下記の連絡先までお願いいたします。

高待遇させて頂きます!!

契約店舗様も同時に募集しております。
こちらも興味がございましたら下記へご連絡頂ければと思います。

仕事を探していたり、伸び悩んでいる女の子も
アドバイスをするので興味があれば連絡ください。

cokes.kase@gmail.com
担当者 加瀬

コメントする

XHTML: 利用可能なタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*